HOME>トピックス>取引先を会食でもてなすためのハウツー&マナー

お店はじっくり吟味する

店内

銀座の飲食店と言えば、高級なイメージをもつ方が多いでしょう。実際、和食・洋食・中華など、さまざまなジャンルの高級店が立ち並んでいます。しかし、高級なお店ならばどこでも良いだろうという考え方では、接待は成功させられません。接待会場となる飲食店は、自社と同じ空間だとみなし、最大限自社をアピールできるような場所を選ぶべきでしょう。

下準備を怠らない

店内

接待会場となる飲食店を決定して、そのまま当日まで何もしないのは避けましょう。接待を成功させるためには、下準備が大切です。お店と連絡を取り、当日の段取りや座席などについて確認しておきましょう。また、料理の内容や出すタイミングなども大切です。銀座の高級店は、接待に慣れている場合も多いので、相談しながら抜かりなく準備を進めましょう。

開始時刻の30分前には到着する

店内

接待当日は、接待開始の30分ほど前にはお店に到着しておくことをおすすめします。自社の接待参加者全員で、実際の流れを再度確認しておきましょう。開始時刻直前でバタバタしてしまうと、重要な事柄を忘れるなどミスを招く恐れもあります。時間に余裕をもって行動し、落ち着いて相手を迎えましょう。なお、銀座は少しわかりにくい道もあるため、相手がなかなかお店を見つけられない場合もあり得ます。その場合はすぐに迎えに行けるよう準備しておきましょう。

心を尽くしておもてなしする

店内

接待を行う際、当日全て店任せで進めていくのは印象が良くありません。例え銀座の高級飲食店が会場であろうと、それだけで接待相手が満足することはないでしょう。接待で重要なのは、自分たちが主体的に動き、相手を満足させることです。銀座という立地をうまく活かしながら、接待ではしっかり自社をアピールしましょう。

広告募集中